<< 今年も♪ 秋の箱根路 vol.10 >>

伽藍DEコンサート2012

ちょうど一週間前。
疲れを引きずる毎日で、行こかやめよか悩んだ末・・・
三年ぶりに開かれた伽藍DEコンサートに行って来ました。
e0142377_181107.jpg

フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンとピアノ。
Orchla(オケラ)木管五重奏団による童謡を中心とした演奏を楽しみます。
やさしい音色に、やっぱり来てよかった♪^^
e0142377_22383093.jpg




***

今回のコンサートは珍しくチャリティー募金を募り「JETOみやぎ」へ寄付するという趣旨。
今日初めて耳にした「JETOみやぎ」。
東日本大震災の孤児を支援するNPO法人で、清月記の代表の菅原裕典さんが発起人として立ち上げたそうです。
0歳から満19歳までの最大20年間にわたる支援金給付をはじめ、心のケアや就学・留学の相談など年齢に合せた幅広いサポートを行うらしいのですが、20年間も?!とちょっとびっくり。

この日、会場にいらした菅原さん。
「東日本大震災により、多くの子ども達が家族や両親を失いました。その子ども達が遺体をひきとりに来る・・・今まで目にしたことのないそんな光景を見て何か私達に出来ることはないか、そういう思いから立ち上がりました。」

そんな言葉から始まった菅原さんのお話は心に響き、東日本大震災のことを後ろめたい感覚で思い出しました。
忘れかけていた・・・^^;


e0142377_21214075.jpg


ほんの少しでもお役にたてれば。
[PR]
by keiko_darts | 2012-11-13 20:30 | おでかけ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今年も♪ 秋の箱根路 vol.10 >>