<< 畳の表替え 初日の出 2016 >>

蔵の町

e0142377_16492333.jpg

12月半ばこちらの帰り道にささーっと車で通り過ぎた蔵の町村田。

みちのく宮城の小京都と言われているそうですが
この日は人っ子一人見当たりませんでした・・・(爆
e0142377_16502956.jpg

大養、やましょう
青い暖簾が蔵の町を引き立てています。




2~3日前の河北新報にこの蔵の町並みが掲載されていて・・・
そう言えばとボツ写真を引っぱり出してきました(^_-)-☆


10月に開催される「蔵の陶器市」は町の一大イベント。
蔵の町並みは江戸時代に紅花交易を通じて繁栄した商人たちが築いたそう。
東北南部を中心に紅花を集め染め物や口紅の原料として京都や江戸に卸し
品質の良さから高値で取引され、財を得た商人たちはこぞって店蔵を構えた・・・


そんな由緒ある町並みを素通りするなんて(苦笑



暖かくなったら「乾坤一」の酒蔵を見学しながら御朱印帳を片手にのんびり散策するのもいいかも。
今年は「蔵の陶器市」にも行ってみようかな(^^♪
[PR]
by keiko_darts | 2016-01-11 20:04 | おでかけ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 畳の表替え 初日の出 2016 >>